最新の歯科用CTを導入(歯科医院での導入率約2%)

当院では、コンピュータ断層撮影(Computed Tomography、略:CT)機械を完備しています。 レントゲン撮影では2次元の情報しか得ることができませんが、CT撮影をすることで3次元の情報を得ることができます。 歯科医院での導入率は2%未満(矯正専門歯科での導入率は更に低い)と言われていますが、安全安心の矯正治療を提供するにあたり、CT撮影(検査)は不可欠の検査であると当院は認識しています。
歯科用CT

体に負担の少ないCT診断

歯科専用に開発されたCTですので、医科用CTと比べて、撮影時間は短時間で済みます。 被曝量も10分の1程度に抑えることができます。
NAOMI-CT

3次元の圧倒的な情報量が、診断力を高めます

レントゲン撮影画像(2次元の情報)
*レントゲン撮影では、歯茎の中に隠れた歯や骨の状態を把握することができます。
CT撮影画像(3次元の情報)

歯列矯正治療とCT診断

埋伏歯
歯茎の中に埋まっている歯を埋伏歯といいます。歯並びを整えるために、歯茎を開窓(歯肉を除去して埋まっている歯を露出させる)し、埋伏歯を牽引(引っ張り出す)する治療を行うことがあります。この際、安全に治療を進めるにあたりCT診断が必要になります。 また、お子さんの矯正治療の場合、これから生えてくる永久歯(歯茎の中に埋まっている歯)の情報を正確に把握することができますので、的確な矯正治療ができます。
骨(歯槽骨)
歯周病が進行している方の場合、骨が少なくなっていることがあります。歯並びを整えるために歯を動かしますが、これは、骨(歯槽骨)の代謝機能を利用しています。つまり、CTにより骨や歯槽骨の状態が正確に計測できますので、歯の移動の限界が予測でき安全な治療ができます。
親知らず
親知らずが、歯並び全体に対して影響があるのか、また、将来的に抜く必要があるのかなど矯正治療前にしっかりと把握し、治療計画を立てないといけません。
歯根
歯根が短いと矯正治療を行うことはできません。歯根の長さが、どのくらいなのか?レントゲンでは正確に把握できませんのでCT検査が必要です。
顎関節症、顎変形症
顎の関節の骨や関節円板(関節のクッション)の位置や形態の異常が疑われるとき、CT撮影をして確認します。
非抜歯矯正治療を行う場合、顎を広げるという方法を用いることがあります。 顎の幅や奥行などを把握するのに必須です。

「歯科医院関係者の皆さまへ CT撮影を承ります」

当院では、歯科医院からの依頼により、歯科治療(根管治療、インプラント、歯周病、親知らずの抜歯など)ためのCT撮影を承っています。 詳しくは、当院までお気軽にお問い合わせください。費用10000円~。