矯正装置について

矯正治療では、その目的に応じていろいろな装置を使います。ひとつの装置だけで治療できる場合もありますが、いくつかの装置を組み合わせて使用する場合もあります。 同じ効果のある装置でも、取り外しができるもの、目立たないものなどそれぞれ特徴があります。

マルチブラケット装置

永久歯列期で使用するのが、マルチブラケット装置です。すべての永久歯にブラケットという小さな器具をつけ、ブラケットにワイヤーを通して、ゴム細い針金などでブラケットに固定することで、歯を動かすことが出来る装置です。

矯正装置について

マルチブラケット装着

クリアブレース

歯の色とマッチしたセラミック製のブラケットで、あまり目立ちません。

クリアブレース

デーモン(セルフライゲーション)ブレース

ブラケットにシャッターのような開閉機能があるので、結紮線を用いずワイヤーとブラケットを固定できます。 摩擦が少なく比較的弱い力で歯が速く動くことが期待できる装置です。

デーモン(セルフライゲーション)ブレース

リンガルブレース

歯の裏側にブラケットを付けるため、表からは全く見えない装置です。

リンガルブレース リンガルブレース

インビザライン

従来のブラケットやワイヤーを使用する矯正治療とは違い、透明のプラスチックでできているマウスピースを使っていきますので、装着していても目立ちません。

インビザライン

その他の装着

バイオネーター

下アゴの成長を促進させる装置です。

バイオネーター

急速拡大装置

上アゴの骨の幅を広げる装置です。

急速拡大装置

クアドヘリックス

上アゴの歯列の幅を広げる装置です。

クアドヘリックス

バイヘリックス

下アゴの歯列の幅を広げる装置です。

バイヘリックス

グリーンフィールド遠心移動装置

奥歯を後ろに移動する装置です。

グリーンフィールド遠心移動装置