大人の矯正治療(第二期治療)

すべての歯が永久歯に生えかわった時期に行う治療です。マルチブラケット装置を使用してすべての歯を三次元的に移動させ、適切な歯並び、かみ合わせを構築していきます。歯を少しずつ移動させていくため一カ月に1回程度の調整が必要になります。 ブラケットの周りにプラークがたまりやすいのでしっかりとしたブラッシング並びに口腔管理が必要になります。 下記のような装置を使います。
本格的矯正治療(第二期治療) イメージ画像
 

装着する装置

永久歯列期で使用するのが、マルチブラケット装置です。すべての永久歯にブラケットという小さな器具をつけ、ブラケットにワイヤーを通して、ごく細い針金をブラケットに固定することで、歯を動かすことができる装置です。

メタルワイヤー

従来型のワイヤーを装着する方法です。前歯は歯の色とマッチしたセラミック製のブラケットで、あまり目立ちません。
メタルワイヤー

ホワイトワイヤー

白くコーティングされたワイヤーを装着する方法です。遠目の写真などであれば、ほとんど目につかない装置といえるでしょう。
ホワイトワイヤー

マウスピース型矯正装置

従来のブラケットやワイヤーを使用する矯正治療とは違い、透明のプラスチックでできているマウスピースを使って治療を行います。装着していても、他人から気づかれることはほとんどありません。
マウスピース型矯正装置