iteroによる歯型印象について

光学3Dスキャナー itero elementを導入

歯科用語でいう「印象」とは、口の中の型を取ることで、歯や歯列など の形や状態を再現することです。
この型を基にして、歯の詰め物やかぶせ物の製作に必要な口腔内の模型 を作ります。

光学スキャンを元にプログラミングされた口腔内データ

アルファ矯正歯科クリニックでは光学3Dスキャナー itero elementを導入しました。患者さまの口腔内部を、シリコン印象の代わりに3D光学カメラを使用し、お口の中の「型取り」を行い、そのデータはPC上で活用されます。
長時間我慢する必要はありませんし、シリコン印象による歯型取得時のずれや誤差なども生じません。

itero

3Dスキャナーで技巧物の精度がさらに高く

以前は治療計画を立てるため患者さまの歯型模型をさらに型取りして 使用していました。
現在は3Dスキャナーによって即座にデジタル化。パソコン上でシミュレートし、歯型模型を3Dプリンタによって出力。その模型を元に技巧物の製作を行います。