見えない矯正|アルファ矯正歯科クリニック

和光市のアルファ矯正歯科 > 見えない矯正

見えない矯正

見えない矯正

歯並びは気になっているけど…矯正装置に抵抗がある。人に気づかれたくない、
見た目が気になる…。 そんなあなたにおすすめの矯正方法があります!

「仕事の関係でどうしても矯正装置をつけて、治療をすることができない…しかし、歯並びは気になる」という皆様も矯正治療を受けて頂ける治療方法が、技術革新によって実現しました。それが「見えない矯正」方法です。

見えない矯正には、

の2種類の方法があります。

それぞれに特徴がありますので、当院にてご相談の上、あなたにあった矯正方法をお選び下さい。

裏側(リンガル)矯正
Incognito インコグニト アプライアンス システム

人に気づかれない方法があります。
歯の裏側に装着するインコグニト アプライアンス システム。

インコグニト アプライアンス システムは、装着していることを人に気づかれにくく、装着時も安心に過ごすことができます。歯の外側に付ける従来の装置と違い、歯の内側に付けるのでほとんど見えません。

インコグニト アプライアンス システムは、幅広い年齢層の方におすすめできます。目立たない装置で歯並びを美しくしたい場合、インコグニト アプライアンス システムで解決することができます。しかも、薄くて快適です。

インコグニト 裏側矯正

インコグニトの特長

インコグニトは、お客様ひとりひとりに合わせて装置を製作します。それによって費用は高額になってしまうのですが、歯並びの個人差に左右されず矯正治療が可能な点、歯の裏側を広い範囲で覆うことで虫歯のリスクが軽減される点や装置が薄いので違和感を感じにくい点、さらに、治療期間の短縮が期待できる点等のメリットも多い治療法のひとつです。

費用面から見るとSTbの方がおすすめですが、お客様のご希望やカウンセリングを通して選択していきますので、お気軽にご相談下さい。

インコグニト 裏側矯正
  • ・フラットなデザインで装着中も口腔内は快適。
  • ・個々の歯の形状に合った設計・製作を行います。
  • ・外からほとんど見えません。
  • ・装着期間の短縮が期待できます。
  • ・幅広い年齢層に対応できます。
  • ・脱灰のリスクが低いシステムです。
STb 裏側ストレートワイヤーシステム

見えない裏側矯正がより快適になりました。
STb 裏側ストレートワイヤーシステム。

裏側矯正は審美歯科矯正として、表面上見えないという最大の利点を得る反面、舌の痛みや話すときと噛むときの障害、舌側の歯肉炎といった不快な制約があり 、表側に矯正歯科装置を装着する治療に比べ、治療期間や毎回の治療時間が長く、治療費が高い、といった不満がありました。

このような問題点を改善し、患者様にとって快適な治療が可能となるよう開発されたのがSTb裏側ストレートワイヤーシステムなのです。

STb 裏側ストレートワイヤーシステム

STb 裏側ストレートワイヤーシステムの特長

1.薄くて小さく、全体的に丸みを帯びたデザインになったことにより、患者様の舌感が良好に改善されました。ブラケット間隔が広がることにより、ワイヤーの弾性を効果的に利用できるので、弱い力(Light force)を持続的に作用させ痛みや骨吸収を最小限に抑えられます。その為、効率よく歯を移動でき、治療期間の短縮につながります。

2.装置が小さいことにより、噛みにくい・話しにくいなどの不快感が解消しました。また、舌側歯肉と装置との間隔(ブラッシングポイント)が広がり歯磨きがし易くなるなど、口腔衛生の管理も向上しています。

STbのメリット

快適性、発音障害の改善

ブラケットのサイズが従来の歯科矯正装置の約半分の大きさで、全体的に丸みを帯びたデザインであるため、審美的な歯科矯正治療法である裏側(舌側)矯正で今まで問題となっていた、話しづらい、食べにくいなどの障害が大幅に軽減されました。もちろんブラッシングもし易くなっています。

今まで矯正装置が気になってなかなか治療に踏み切れなかった方、ぜひ、当院までお問い合わせください。

マウスピース矯正 インビザライン

歯並びは気になっているけど…矯正装置に抵抗が。
−見えない矯正(インビザライン)−

インビザラインは、従来のブラケットやワイヤーを使用する矯正治療とは違い、透明のプラスチックでできているマウスピースを使っていきますので、装着していても目立ちません。

今まで矯正装置が気になってなかなか治療に踏み切れなかった方、
ぜひ、当院までお問い合わせください。

invisalign ロゴ画像invisalign 装着イメージ
インビザラインQ&A

どのような治療方法なの?

矯正治療の考え方はまったく同じで、ゴールである理想の歯並びの状態を3次元でシュミレーションし、20〜50に細分化し、2週間に1回を目途にマウスピースを交換していきます。

インビザラインイメージ01インビザラインイメージ02インビザラインイメージ03

ご飯を食べるときは外していいですか?

取り外しができますので、今までと同じように食事をして頂くことが可能です。

また、歯磨きも今までと同じようにして頂けます。基本的には、食事中、歯磨き以外の時間は、装着するのが望ましい装置です。

装着に違和感はありますか?

マウスピースは、0.5ミリですので、違和感はほとんどありません。今までと同じように生活して頂けます。

痛みはありますか?

ブラケットを使わない治療ですので、痛みはありません。

咬むとマウスピース全体に力が分散しますので、動かしている歯の痛みもほとんど感じません。

治療期間はどれくらいになりますか?

治療期間は、あなたの歯並びの状況によりますが、1年〜2年ぐらいが目安となります。

どのような歯並びでもマウスピース矯正は可能ですか?

抜歯をしなければならないケースやあまりにも凹凸が大きい場合には、
マウスピースでの矯正治療ができない場合があります。

一度、ご来院頂き、マウスピースでの治療が可能かどうか、矯正専門医に相談してみてください。

マウスピースの装置と普通の装置の併用は可能ですか?

可能です。途中までは、ブラケットやワイヤーを使い治療をし、
マウスピースできれいな歯並びになると判断した場合には、マウスピースの装置に切り替えていきます。

  • 大人の矯正治療
  • 痛くない矯正
  • インプラント矯正
  • 顎変形症でお悩みの方へ
動画で矯正治療中のブラッシング方法

医療法人スマイル・クリエイト グループ医院

池袋矯正歯科クリニック

ハピュア六本木

モバイルサイト
ぴあより取材を受けました
リンク集
ページの先頭へ