小児の矯正治療(第一期治療)|アルファ矯正歯科クリニック

和光市のアルファ矯正歯科 > 小児の矯正治療(第一期治療)

小児の矯正治療(第一期治療)

小児の矯正治療(第一期治療)

早期矯正治療とも呼ぶことがあります。乳歯と永久歯が混在する時期から開始する治療です。 顎の成長をコントロールして上下の顎のバランスを整えたり、永久歯の出てくる隙間を確保したりします。

この時期からスタートすることによってブラケットを用いた第二期治療(本格的矯正治療)がスムーズに行うことができたり抜歯しないで歯を並べる可能性が拡がります。また、正しいブラッシングの習慣や悪い癖を取り除くことも目的の一つになります。

この時期では主に取り外し式の矯正器具を使用する事が多いため、ご本人の協力性に治療結果が左右されることがあります。また軽度の叢生の場合この時期の治療のみで治療を完了することもあります。

小児の矯正治療(第一期治療) イメージ画像
装着する装置について

こどもの矯正治療では、お子様がストレスを感じることなく矯正治療に取り組めるよう“痛みがほとんどない装置”や“取り外しのできる装置”を利用した治療を行っています。

矯正治療に使われる装置は何百種類もあります。お子様の症例にあった装置を選択しております。

こどもの矯正治療に使われる装置
  • 筋機能療法(MFT)
  • 床矯正
動画で矯正治療中のブラッシング方法

医療法人スマイル・クリエイト グループ医院

池袋矯正歯科クリニック

ハピュア六本木

モバイルサイト
ぴあより取材を受けました
リンク集
ページの先頭へ